「成功」や「幸せ」


あなたは「成功」とか「幸せ」と聞くと、どんなことを思い浮かべますか?


実は、私たちは皆、「成功」「幸せ」に勝手にルールを授けています。



たとえば、私は昔、


「成功者」というと、
年収数千万を稼いでいる人、というイメージがありました。


つまり、
私が「成功」するためには


年収数千万円を稼いでいないといけない


でなければ、


成功してない、というルールがありました。



同じように、幸せと思うには、


広い家に住んで
家族がいて
犬を飼っていて
ほしいものは何でも買える、


というようなルールがありました。



あなたの「成功」「幸せ」のルールはなんですか?




ちょっとここで、考えてみてください。



⭕️ 私が幸せを感じるためには…の必要がある。


⭕️ 私が成功者となるためには…の必要がある。



この…に入ったもの、


それがあなたの「幸せのルール」であり、
「成功のルール」なんです。



そして、この「ルール」、人によって違います。



いくら何億円資産がある美男美女のお金持ちでも


「子供がいなければ幸せじゃない」


とか


「東大でていなければ幸せじゃない」


と、仮に思っていて、


その「勝手に自分が思い込んだルール」
を満たしていないと、


勝手に


「幸せじゃない…」


と思い、落ち込むわけです。




ではここで考えてみてください。



「朝起きれただけで、幸せだと感じられる人」



「年収三千万以上、稼がないと、幸せだと思えない人」



どちらが日々幸せでしょうか?




答えは明白、
前者の


「朝起きれただけで幸せだと感じられる人」


ですよね?



後者の


「年収三千万以上、稼がないと、幸せだと思えない人」


は、年収三千万を稼ぐまで


ずーーーーーっと


幸せになるのを
待たなければいけないわけです。



私のコーチがよくいっていたのですが


私たちは、皆幸せになるために


ゴールを達成しようとしたり、
お金を稼ごうとしたり、
物を買おうとしたり、
伴侶に出会おうとしたりします。



では、
なぜ、“幸せになる”のをそこまで待つんでしょうか?


今、“幸せ”を感じればいいじゃないですか?


と。



始めてこのコンセプトを聞いたとき、


「イヤ、そんなこと言われましても…。」



と思いましたが
何年か経って、だんだんわかってきました。




幸せを感じるには
単に


「質問をすればいい」


ってこと。



『今、何に幸せを感じてるかな?』という質問です。



最初は
慣れないかもしれないんですが、
だんだん回数を重ねるうちに慣れてきます。



ものすごいショックなことや、悲しいことがあった時。




『今、何に幸せを感じているだろうか?』
と聞いても
「いや、何もない…」と思うかもしれません。



でも、尋ね続けるんです。
答えが出るまで!



別に宝くじが当たった、とか、
給料日とか、
そういう特別なことである必要はありません。


「今、生きていること」


「今日、ご飯を食べれたこと」


「体調がいいこと」


「花粉がつらい屋外にいなくてもいいこと」


「家族が元気なこと」


…何でもいいんです。



答えをたくさん出していくことで幸せ度が増していきます。